>>おすすめVODランキング【2020年版】

共感される文章の書き方【必要なことは全て3C分析が教えてくれた】

共感される文章の書き方

リョウ

大学生ブロガーのリョウ@lu3ry2ouです!
現在はWebマーケ会社でライター業務のインターンをしています。

困ったさん

・読者に共感してもらえる文章が書けない…。

・セールスライティングを身に付けて商品を売りたい。

このような悩みを解決します。

 

結論として、読者に共感してもらえる文章を書くなら3C分析を理解していないとキツイです。

 

3C分析の意味を理解して文章が書けるようになれば、あなたのセールスライティング能力は飛躍的に向上しますよ

 

記事の内容
  1. 共感される文章が書けない理由
  2. 3C分析を使った共感される文章の書き方

 

Webマーケティング会社でWebライターをする筆者が、分かりやすく丁寧に解説していきますね。

 

もしもあなたが共感される文章を書けなくて悩んでいるなら、ぜひ本記事を最後までご覧ください。

共感される文章が書けない理由

ロケットに乗る人

共感される文章が書けない理由は、基本的にこの2つですね。

  1. ペルソナ設定が不十分
  2. 変化量を理解していない

 

それぞれ詳しく解説していきます。

ペルソナ設定が不十分

そもそも文章を書く時はペルソナ設定をして、伝える相手の顔を意識しなければ心に刺さりません。

 

「万人受けすれば良いでしょ」と思うかもしれませんが、むしろ広く浅い内容になるため共感は生めないのです。

ペルソナ設定の方法

年齢・性別・職業・家族構成・収入・生活リズム・趣味 …などを決めた1人の人間を考えればOK。

 

例えばシャンプーを売るなら、30代男性は臭い対策の商品、50代男性は抜け毛予防の商品などターゲットが明確になります。

リョウ

ペルソナ設定をすれば、より読者目線の文章が書けるようになるよ!

変化量を理解していない

ここでいう変化量とは、読者が文章を読んで心を動かされた度合いを表しています。

 

過去に以下のようなツイートをしました。

 

このツイートにある通り、「分からなかった→分かった」という変化をした時の言葉は印象に残りますよね。

 

心に残った内容は共感もされるため、読者にとって価値ある情報提供となるのです。

リョウ

まずは読者の「分からない」部分を探そう!

共感される文章に必要な3C分析とは

スマホを見て喜ぶ人

共感される文章を書くに当たって役立つのが、3C分析というマーケティングの考え方です。

 

3C分析の「C」は、それぞれ下記のような意味があります。

  1. Customer(顧客 = 読者)
  2. Competitor(競合 = 他人の文章)
  3. Company(自社 = 自分の文章)

 

これらをセールスライティングに当てはめながら、1つずつ一緒に確認していきましょう。

3C分析①:顧客

読者について考える

セールスライティングにおける顧客とは、紛れもなく記事の読者となります。

 

読者が何について悩んでいるか?」を丁寧に分析し、それに合った価値を提供することで共感されやすくなるのです。

リョウ

軸になる重要な部分だから、手を抜かずに考えよう!

潜在ニーズを意識

悩みを考える時、大切なのが潜在ニーズを理解することです。

 

人間の意思決定は97%を無意識(潜在意識)で行っているため、ここが分かると読者の心をさらに掴むことができますよ。

 

「合コンにいく」

(なぜ?→)出会いが欲しいから

(なぜ?→)一人で寂しいから

上記のように潜在ニーズを理解する時は、「なぜそう考えるのか?」を深堀りするのがおすすめです。

 

リョウ

Why?の追求で読者の本音を探れる!

詳しい深堀りの方法については、「潜在ニーズの見つけ方とは?【ブログで稼ぐ魔法の思考】」をご覧ください。

3C分析②:競合

他人が解決できていない部分を考える

潜在ニーズが深掘りできても、「書きたいテーマはすでに誰かが書いていた…」なんてことは多いです。

 

他人が解決できる悩みであれば、あなたの文章をわざわざ読む必要はないですもんね。

 

他人の文章を読んでもまだ共感されないのはなんでだろう?」と突き詰めて考えましょう。

リョウ

足りない部分を補えば、心に刺さりやすくなるよ!

反面教師を探そう

 以前、下記のようなツイートをしました。

 

読者がモヤモヤ感じている、満たされない問題を見つけ出して解決することがベストなんですよね。

 

競合はすべて「読者の不を満たしていない反面教師」と捉え、自分の文章で共感を誘いましょう。

リョウ

後出しジャンケン戦略で、競合より有利に戦おう!

 

ブログにおける競合調査なら、「競合調査の目的は?SEO対策になる10分リサーチのコツ」も合わせてご覧ください。

3C分析③:自社

自分の文章でどう伝えるかを考える

読者の悩みと競合の足りない部分が見えたら、最後に自分が解決できる価値を明確にしていきます

 

共感を誘える内容が分かっても、自分の文章で上手く表現できなければ読者には伝わりません。

 

読者に共感される価値を見つけられたら、どのようにして強みを活かしていくか考えていきましょう。

リョウ

ここまでの分析をふまえて、最高の価値提供をしていくよ!

自分の強みを活かす方法

自分の強みを活かす時には、「独自性」を考えるのがオススメです。

 

具体的にいうと、下記のような感じになります。

  • 実績
  • 実体験
  • 文章構成
  • 情報の信頼性
  • 情報発信の方法

 

自分だけが提供できる価値に加えて、上記のような戦略でも差別化を狙っていくと共感をさらに高められます。

リョウ

自分らしさを全面に出していこう!

共感される文章の書き方:まとめ

本記事のまとめ

共感される文章の書き方について解説してきました。

 

本記事で最も重要な部分をまとめると、下記の通りです。

記事のまとめ
  1. ペルソナ設定は必須
  2. 潜在ニーズを追求する
  3. 読者・競合・自分を徹底分析する
  4. 「分からない→分かる」の変化が大切

 

上記4つを意識すれば、簡単に読者を共感させられる文章が作れますよ。

 

セールスライティングを身に付けてさらに収益を出すためにも、本記事の内容をぜひマスターしてくださいね。

 

読者に共感される文章の書き方についてさらに知りたい方は、「相手を納得させる文章を書くコツ5選!」もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)