>>おすすめVODランキング【2020年版】

【青いお茶】タイ土産はバタフライピーが最適!【日本でも買える】

バタフライピーがおすすめの理由

困ったさん

・タイ土産にバタフライピーティーはアリ?

・そもそも、どこで買えるのか知りたい…。

このような悩みを解決します。

 

せっかくタイ旅行に行ったのなら、お得に珍しいお土産を買いたいですよね。

そう考えているならば、バタフライピーという植物で作ったハーブティーがおすすめです。

 

日本ではまだ知名度も高くないので、お土産に買うと驚かれますよ。

本記事では、バタフライピーティーがタイ土産におすすめの理由や、購入場所、飲み方を解説します。

 

記事の内容
・バタフライピーがタイ土産におすすめの理由

・バタフライピーの購入場所

・バタフライピーティーの飲み方

 

バタフライピーがタイ土産におすすめの理由

バタフライピーティー

バタフライピーティーがタイのお土産としておすすめの理由は、以下の通りです。

  • 美容効果が高い
  • 青い飲み物は珍しい
  • スーパーで気軽に買える
  • 不老不死のお茶と言われている?

これらについて解説します。

美容効果が高い

バタフライピーの花

バタフライピーとは、タイ原産のマメ科の植物です。

毎年夏の時期になると、写真のように鮮やかな青い花を咲かせます。

リョウ

アサガオみたいな花ですね!

 

バタフライピーの花が青いワケは、ブドウやブルーベリーで有名なアントシアニンが、多く含まれているからです。

その量は、なんとブルーベリーの4倍以上!かなりの量を含んでいます。

バタフライピーにはブルーベリーの4.2倍のアントシアニンが含まれています。
マルシェ青空から引用)

 

アントシアニンには、目や血管の老化といった原因にもなる、体の酸化を抑える効果があります。

体を若々しく保つための成分をたくさん含むバタフライピーは、美容にもピッタリですね。

青い飲み物は珍しい

日本人が想像する青い飲食物といえば、かき氷のブルーハワイくらいしか思い浮かばないのではないでしょうか?

そのため、「青いもの=怪しい」と考えている人も多いかもしれません。

 

ですが、バタフライピーティーは自然界に存在する植物をお茶にしたものなので、全く怪しいものではないです。

着色料も使われていないため、むしろブルーハワイよりも安全です。

 

実際に筆者もお土産として、友人にバタフライピーティーを渡したところ、かなり驚かれました。

リョウ

大抵「舌青くならない?」と言われます(笑)

見た目も楽しく、安心して美味しく飲めるのはバタフライピー最大のメリットです。

スーパーで気軽に買える

日本でバタフライピーティーは見かけないため、「タイでも手に入りにくいのでは?」と思うかもしれません。

ですがタイは原産国ということもあり、スーパーのお茶コーナーで普通に入手できます

 

さらに首都のバンコクでは、バタフライピーを使ったカフェも存在しているほど、身近な飲み物です。

https://www.instagram.com/p/BYCsmlIHHVC/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

バタフライピーをラテにしても、かなりお洒落になりますね。

リョウ

バンコク旅行中に訪れるのも良いですよ!

 

タイで実際に購入した時の情報については後ほど紹介します。

不老不死のお茶と言われている?

ローランドのバタフライピー発言

最近はテレビで見る機会の多い実業家のローランドさんも、バタフライピーティーを愛用しています。

自らバタフライピーをタイから取り寄せ、日本でお茶を販売してしまうほど。

2019年11月11日Amazonにて「THE BLACK ROLAND TEA」の販売を開始いたしました。ROLANDの美しさの秘訣ともいわれるButterfly Pea(バタフライピー)をROLAND自らがプロディース。
ローランドティーブログから引用)

 

こちらのお茶は、実際にアマゾンで購入することが可能です。ちなみに、1袋3,200円くらいなので、やはりお高め。

さらにローランドさんは、バタフライピーを「不老不死のお茶」と読んでいます。

 

実際に豊富なアントシアニンの他、薄毛予防やアンチエイジングなどに効果があるため、不老不死に近い効果も得られますよ。

リョウ

もうサプリメントみたいですね!

バタフライピーの購入場所

バタフライピーティーの画像

バタフライピーを筆者がバンコクで購入した時の情報を公開します。

  • 場所…エムクオーティエ内のスーパー(BTSプロンポン駅そば)
  • 商品…レモングラス・バタフライピーティー(50g)
  • 価格…147バーツ(約500円)

それぞれ見ていきましょう。

場所

エムクオーティエの外観

筆者はエムクオーティエというショッピングセンターにあるスーパーで、バタフライピーティーを買いました。

最寄りのプロンポン駅から直結しているので、アクセスも便利です。

商品

購入したのは、レモングラス・バタフライピーティーと書かれたお茶です。

ティーバッグのお茶が20個くらい入っていました。

価格

販売されているバタフライピー

147バーツと書かれており、日本円にすると約500円といった感じです。

日本で購入すると、同じ50gのお茶が1,000円以上する場合が多いので、やはりバンコクの方がお得に買えます

日本でバタフライピーティーを買うなら

「タイに行く予定はないけど、バタフライピーが気になる…」という方もいるでしょう。

もちろん、日本で購入することも可能です。店舗なら、カルディや成城石井に売っている場合があります。

 

しかし、かなりレアなお茶なので、なかなか見つけられないのも事実です。

確実に買うためには、ネットショッピングが一番楽ですよ。

バタフライピーティーの飲み方

バタフライピーを作る方法

バタフライピーの飲み方は、いたって簡単です。

筆者が購入したティーバッグ式のお茶を、実際に入れた手順を紹介します。

STEP.1
ティーバッグを出す
1つで2杯分くらいです。
STEP.2
カップにお湯を入れる
  沸騰してから少し冷ましたお湯を入れました。
STEP.3
色が出るまで待つ
20秒くらいで真っ青です。
STEP.4
完成
入れっぱなしにしすぎると、黒ずむので注意してくださいね。

実際に2杯分のバタフライピーティーを作りましたが、お湯をかけるとすぐに青い成分が出てきます。

パッケージには「お湯を入れたら2〜3分放置」とありますが、2分もしないうちに完成しています。

 

バタフライピーティーの濃さ

実際に1杯目(右)のお茶と2杯目(左)のお茶を比べてみたところ、1杯目の方は紺に近い色になっていました。

2杯目はターコイズブルーの完璧な色に仕上がったので、最長でも1分半ほど蒸らせば良さそうです。

リョウ

味自体は薄まらなかったので、色だけですね。

バタフライピーはかなりおすすめ

本記事のまとめ

いかがだったでしょうか?本記事ではタイ土産にぴったりなバタフライティーについて解説しました。

日本では珍しい、青くて健康なお茶をぜひ、お土産にしてみてくださいね。

 

家族や友人からビックリされること、間違いなしです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)